活動報告
第6回 住民説明会 開催
日時 平成29年5月20日(土) 19:00〜
場所 飯岡体育館
パワーポイントによる説明(後日受取り)
 資料1 (Click!) 
 資料2 (Click!) 
 資料3 (Click!) 
 資料4 (Click!) 
 資料5 (Click!) 
 資料6 (Click!) 
 資料7 (Click!) 
 資料8 (Click!) 
 資料9 (Click!) 
 資料10 (Click!) 
 資料11 (Click!) 
 資料12 (Click!) 
【 所 感 】
地域分断や内水検討のために詳細測量が必要という理由は不当な言い方ではないでしょうか?!
現在の状況において、早急に測量が必要なのでしょうか?
住民の反対意見がある感情などに対して、むしろ挑発するやりかたでは。
徐々に岡山県行政ならではの強引癖が出てきたのではないでしょうか?
活動報告
岡山県庁 土木部 道路建設課 訪問
前任者は全て転勤によりメンバー一新されました。
課長 堀井修一
参事 光畑一良
道路計画班長 赤澤康明
道路計画班 主幹 横田泰弘
引継ぎの確認及び状況説明をさせて頂きました。
基本的な考えは、
@ 美作岡山道路自体は早期開通を願っています。
A 住民に被害が大きい第2ルートには反対で被害の少ないルートに変更を要望しています。
活動報告
美作県民局 建設部美作岡山間道路建設班
勝英地域事務所 4階
森田・須々木・山下 3名に面会
森田氏は今年4月に赴任してきたばかりです。
(前任の今井田班長は美作県民局建設部建設企画課長です。)
第6回 住民説明会の主旨の説明をもとめたが、回答はありません。
その場(説明会)で説明しますとの返答だけでした。
活動報告
美作県民局 勝英地域事務所
一部開示決定が出された資料を受取りに訪問しました。
全ページ数 535枚の開示資料ですが、まだまだ、黒塗り部分が多いです。
【 参 考 】
 1-3-4.ルート選定結果 (Click!) 
 セパレート区間縦断図(南向き) (Click!) 
 平成24年度 公共道路工事 報告書 (Click!) 
 平成24年度 公共道路工事 成果図面 (Click!) 
 英田IC 暫定計画平面図 (Click!) 
活動報告
国土交通省 中国地方整備局 道路課 地域道路課を訪問
ヤスノ課長は災害対策で不在のため前回お会いした溝田 亨課長補佐・他1名に話しを聞いて頂きました。
活動報告
〇 岡山県庁 土木部 道路建設課 訪問
 日 時 : 11月25日(金) 14:00〜
 場 所 : 三光荘 一階 ミーティングルーム
 出席者 : 土木部 道路建設課 : 中山課長・丹羽参事 他 3名
        高規格道路をみんなで考える会 : 延原会長 他地元住民10名
 内 容 : 県知事宛 申入書 1通 : 要望書 1通 : 申入書(弁護団) 1通 を提出しました。
        その後、約2時間ほど話合いを行い、出席した住民1人ひとりが思いを訴えさせて頂きました。

                     【 申 込 書 ・ 要 望 書】  
                    画像をクリックすれば拡大します。
環境影響評価準備書 県知事 意見書 送付
〇 説明会で、「意見を書面により、事業者又は知事に対し、提出して下さい。」と申し入れがありましたので、11月18日に郵送させて頂きました。
【意 見 書】
環境影響評価準備書 説明会
〇 平成28年11月9日(水) 19:00〜 飯岡体育館にて 
  備前県民局 建設部 美作岡山間道路建設班による
美作岡山道路(吉井IC−柵原IC)建設事業に係る環境影響評価準備書 説明会が開催されました。
【配 布 資 料】
活動報告
● 岡山県庁 土木部 道路建設課 中山課長を訪問し
・9月18日(金)提出の公開質問状に対する回答を依頼した。
(今年中にと思っていましたが、来年になる予定です)
・地元住民の信頼を得る為にも、情報開示をして欲しいと依頼した。
・中山課長も地元住民の合意(80%以上)がなければ道路建設も出来ないと仰っていました。
(尚、今は土地収用等が出来る時代ではないとも仰っていました)

● 岡山県総合政策局秘書課 近藤 宏明 副課長を訪問し
・伊原木県知事に面会を依頼しましたが、直接依頼するシステムではなく、担当課が判断して知事に報告する仕組みになっていると断られました。
(中山課長から、来年1月、知事に美作岡山道路の状況を報告する事を聞いたので、その時に依頼するように話しをしました。)
  
資料1・・・公開質問状(サンプル)
活動報告
● 12月5日(土) 18:00〜 今年、最後の賛同者会を開催しました。
@ 延原会長より、今年の活動を賛同者の皆さまに報告させて頂きました。
A 道ニュース23に載せた低周波音問題の被害実験映像を上映し、賛同者の皆さまに勉強して頂きました。
B 実際に低周波音被害にあわれた、生の声も聞かせて頂き、切実な問題であると実感しました。
C ピアノとフルートの演奏で賛同者の皆さまと「ふるさと・花は咲く (Click!) ・四季の歌etc.」と歌い、楽しい時間を過ごしました。 上段の (Click!) をクリックすると音楽が聴けます。