活動報告
第4回 行政文書不開示処分取消訴訟が7月24日(火) 11:00〜 岡山地方裁判所 202号法廷で行われました。
 今回は第一準備書面・請求の追加的併合申立書の訂正申立書・訴状訂正申立書の訂正申立書・証拠説明書・意見陳述の申出書・行政文書不開示決定処分取消請求事件資料・意見陳述書の提出後、原告による意見陳述をしました。
 その後、傍聴者退席後、進行協議が行われ、裁判所が、、被告側(県)に黒塗りの部分には何が書かれているのか、何故、開示出来ないのか、理由をすべてのページについて提出するようにと通達がありました。
また、提出していない資料についても同様の通達がありました。


 次回、第5回 行政文書不開示処分取消訴訟は10月16日(火) 11:00〜 から岡山地方裁判所で行われる事になりました。
 次回も多くの方の傍聴参加を宜しくお願いします。
活動報告
 第3回 行政文書不開示処分取消訴訟が4月24日(火) 11:00〜 岡山地方裁判所 202号法廷で行われました。
 今回は書面(訴状訂正申立書・追加的変更申立書)提出後、進行協議となりました。
 進行協議では、裁判所が、こちらが言う前に、被告側(県)に文章がどういう文脈でつくられたのか、文書の作成者・目的・性質等について宿題を出しました。

 次回、第4回 行政文書不開示処分取消訴訟は7月24日(火) 11:00〜 から岡山地方裁判所で行われる事になりました。
 次回は多くの方の傍聴をお願いします。
活動報告
 第2回 行政文書不開示処分取消訴訟が2月20日(火) 11:45〜 からおこなわれる予定でした。
しかし、第1回で裁判官が1月31日までに書面を提出するように申し伝えたにもかかわらず、2月7日付で書面が提出されました。
 私たちは「準備期間が無く、充実した弁論期日となりえない」ために、裁判所に下記「期日変更申立書」を提出しました。
 私たちは提訴(9月25日)取消訴訟は事前予告をしていますが、県からの「答弁書」は下記にあるように中身が無く、このたび提出された「第1準備書面」は形式論のみの答弁でした。
 住民の思いを真摯に受止めていたならば、このような、期日無視、形式的書面といった態度を取る事ができるでしょうか? 地元説明と同じではありませんか!
 「引き続き丁寧な説明に心がけ、理解をいただけるように努めていきたい」と言いながら、測量に入る、住民が不信感をつのるのは、当たり前のことではないでしょうか?
 住民に寄り添った行政をして頂きたいと心から願います。




活動報告
岡山県美作県民局 勝英地域建設部長より
「平成29年9月23日の話し合いの回答及び今後の予定について」を貰いました。

【平成29年9月23日の話し合いの回答及び今後の予定について】

活動報告
国土交通省 中国地方整備局 道路部 地域道路課を訪問しました。
私たちが「美作岡山道路の早期全線開通」及び「住民の負担になる現ルートの変更」を望んでいることを良く聞いて下さいました。
また、「関係各所には必ず話をします。」と言って頂き、気持ち良く帰路につきました。
P.S
カキオコが大変美味しかったです。
活動報告
美作市 萩原市長を訪問
飯岡地区における現状を報告及び協力依頼をお願いしました。
萩原市長から早期全線開通に向けて、快く「協力する」と言って頂きました。

【お 願 い】

活動報告
美咲町役場を訪問
11月15日(水)伊原木県知事に合った時の事について定本町長に確認した。
山陽新聞に掲載されていた通り、要望書を提出したとの説明がありました。

この時、H.29.1.24(火)提出の質問書で「住民合意の確認」と「住民合意の実態について」の資料(録音データ等)を確認したかどうか聞きましたがはっきりした回答はありませんでした。

【質 問 書】



【住民合意の実態について】

活動報告
美作県民局 建設部美作岡山間道路建設班
勝英地域事務所 4階
森田総括参事 ・ 山下主幹 ・ 須々木主幹 ・ 高塚主任 4名に面会
9月23日(土) 「話合い」の際に持ち帰った課題についての回答を確認するが、
本庁に確認中であり、まだ回答がないとの報告がありました。
活動報告
美咲町役場を訪問
新聞記者から情報があった、定本町長が11月15日(水)伊原木県知事に合う事について確認した。
活動報告
自民党県義会議員の仲介で
日時 平成29年11月9日(木) 10:00〜
場所 県議会 自民党会議室
岡山県庁 土木部 道路建設課
課 長 堀井修一 ・ 副課長 原田昌樹 ・ 総括副参事 赤澤康明
と「高規格道路をみんなで考える会」の4名とで話合いを持ちました。
活動報告
美咲町 定本町長より「平成29年9月23日の話合いについての回答を貰いました。

【回 答 書】

活動報告
美咲町 柵原総合支所 訪問
木谷支所長・前田産業建設課長と「高規格道路をみんなで考える会」4名とで
9月23日(土) 18:00〜 「話合い」
の総括を行い、今後は美咲町としてどのようにしていくのかを質問しました。
活動報告
美作県民局と「高規格道路をみんなで考える会」賛同者との話合い
 日 時 : 9月23日(土) 18:00〜
 場 所 : 憩いの家 ホール
 出席者 : 美作県民局 勝英事務所 美作岡山道路建設班
        江原建設部長・森田総括参事・山下主幹・須々木主幹・高塚主任
        岡山県会議員 渡辺吉幸
        美咲町 柵原総合支所 木谷所長・産業建設課 前田課長
        高規格道路をみんなで考える会 延原会長 他約40名
 経 過 : 美作県民局から話合いをしたいと美咲町より確認があり、6月28日(水)18:00〜から
        美咲町 産業建設課 國宗課長・木谷支所長・前田課長の3名と
        「高規格道路をみんなで考える会」役員4名で話をしました。
        その後、7月12日(水)15:00〜 柵原総合支所 第1会議室で
        美作県民局・美咲町・高規格道路をみんなで考える会の三者で
        事前協議を行い、9月23日の話合いとなりました。
         当初の目的は住民の意見を聞いて、県に持ち帰り上層部に伝える
        と言う事でしたが、突然、測量の説明会を開催したいという話が出て混乱しました。
活動報告
第6回 住民説明会 開催
日時 平成29年5月20日(土) 19:00〜
場所 飯岡体育館
パワーポイントによる説明(後日受取り)
 資料1 (Click!) 
 資料2 (Click!) 
 資料3 (Click!) 
 資料4 (Click!) 
 資料5 (Click!) 
 資料6 (Click!) 
 資料7 (Click!) 
 資料8 (Click!) 
 資料9 (Click!) 
 資料10 (Click!) 
 資料11 (Click!) 
 資料12 (Click!) 
【 所 感 】
地域分断や内水検討のために詳細測量が必要という理由は不当な言い方ではないでしょうか?!
現在の状況において、早急に測量が必要なのでしょうか?
住民の反対意見がある感情などに対して、むしろ挑発するやりかたでは。
徐々に岡山県行政ならではの強引癖が出てきたのではないでしょうか?
活動報告
岡山県庁 土木部 道路建設課 訪問
前任者は全て転勤によりメンバー一新されました。
課長 堀井修一
参事 光畑一良
道路計画班長 赤澤康明
道路計画班 主幹 横田泰弘
引継ぎの確認及び状況説明をさせて頂きました。
基本的な考えは、
@ 美作岡山道路自体は早期開通を願っています。
A 住民に被害が大きい第2ルートには反対で被害の少ないルートに変更を要望しています。